keiichi tahara kahitsukan | 田原 桂一 Tahara Keiichi LightScape


title.jpg

006_4.png

スクリーンショット 2016-10-05 16.47.26.png

スクリーンショット 2016-10-05 16.52.41.png




光の表象 田原桂一 光画展
何必館・京都現代美術館




 光の実在に目覚め、光を発見した、パリの屋根裏部屋。

 パリと京都はよく似ているといわれます。

それは、共に時間をかけて造りあげらた街だからです。

一筋縄ではいかない難しさと面白さが共存し、

そこに住む人々の感性をしたたかに育てているのです。

 1972 年、小さな劇団の照明係として渡仏、

公演後そのままパリに残った田原桂一は、

写真家を目指し、わずか5 年後の26 歳の時、

「窓」のシリーズでアルル国際写真フェスティ

バル大賞を受賞、一躍世界的な脚光を浴びます。

以後、木村伊兵衛賞、ニエプス賞、シュヴァリエ文化功労賞と

受賞を重ねてきました。

 本展では、プラチナプリントという

古い手法で焼き付けた「都市」「窓」「エクラ」「ヌード」

「トルソー」の5つのシリーズを中心に、石やガラス、

布などに印画された作品約60 点を

展覧いたします。初期から現在に至るまでの、

田原桂一の「光の軌跡」を、この機会にぜひ御高覧ください。









会 場 何必館・京都現代美術館

〒605-0073京都市東山区祇園町北側271
     http://www.kahitsukan.or.jp

会 期2016年11月04日(金)~12月25日(日)

休 館 月曜日
時 間 10:00−18:00(入館は17:30まで)
入館料 一般1,000 円 / 学生800 円



田原 桂一 サイン会
11 月5 日(土)、11 月20 日(日) 午後2 時
12 月3 日(土)、12 月24 日(土) 午後2 時







スクリーンショット 2016-10-05 17.51.44.png






スクリーンショット 2016-10-05 17.46.35.png







スクリーンショット 2016-10-05 17.46.58.png






スクリーンショット 2016-10-05 17.46.46.png

back.jpgkuuhaku.jpgnext.jpg

光の表象
田原桂一 光画展


会場 何必館・京都現代美術館

入館料 一般:1,000円
    学生: 800円

会期:2016年11月4日(金)〜
   12月25日(日)まで

休館日:月曜日

開館時間:10:00〜18:00
     (最終入館17:30)



何必館・京都現代美術館HP