Les Sens | 田原 桂一 Tahara Keiichi LightScape


title.jpg

006_4.png

人の想いを写し 自然を映し ひかりを移す

風があり薫りたち 静寂に音が響き 肌がふるえる

温度のある優しさと鉱物の輝き




私は「私という感覚」のみによって存在しているのか?

理解出来ることや、出来ないことが
渾然と浮遊し不思議な平衡感覚の上に私個人が乗っかっている。

安定的な重力と不安定な触覚が覚醒するとき、
思考がある一定の規則からはみ出してしまうことが度々起こる。

表現しようとする意思を働かせたとき、過剰な想いと言葉が
「不明瞭な意味」を生み出そうとして私のなかを駆け巡る。

光りを摑み取りたいという傲慢な欲望が私を支配する。


田原 桂一

back.jpgkuuhaku.jpgnext.jpg